三井住友銀行カードローンの最低返済金額と賢い返済方法について

三井住友銀行カードローンでお金を借りた場合の返済金額ですが、これはその時点での借入残高に応じて最低返済金額というものが決まっています。残高10万円までのときは月々2000円、10万円を越えて50万円までのときは10万円ごとに2000円が加算されていく仕組みになっています。例えば、残高15万円であれば月々4000円、残高45万円であれば1万円となるわけです。三井住友銀行カードローンではこの返済方式を残高スライド方式による返済方法と呼んでいます。
三井住友銀行カードローンから10万円を借りても月々の返済金額は2000円で済むわけですからかなり返済が楽といえばいえるのですが、しかし返済期間や金利のことも考えておく必要があります。10万を2000で割ると50ですから、50ヶ月で完済できるのかといえばそんなことはありません。それは金利を無視した計算です。仮に、金利14.5%で計算してみますと、2000円ずつ返済すると完済までには何と78ヶ月もかかるのです。そして、借りた金額は10万円であるにもかかわらず、合計の返済金額は実に15万円を越えてしまうことになるのです。
ということで、三井住友銀行カードローンの賢い返済方法としては、最低返済金額にこだわることなく、お金に余裕のあるときにはその都度こまめに返済してしまうことです。そうすることで最終的には借りた金額の1.5倍などといったお金を支払う必要がなくなるからです。