三井住友銀行カードローンで口座凍結になるケース

司法書士や弁護士によって行われる任意整理。債権者との交渉で利息を引き直し計算して負担を軽減させる方法です。これは債務整理の一種なのですが、三井住友銀行カードローンでこの方法を使うと、銀行口座凍結になります。

口座凍結されると、その銀行口座での入出金や振込などが一切できなくなります。三井住友銀行カードローンで使用している口座が止められてしまいますので、任意整理を考えている人は注意してください。

三井住友銀行カードローンと給与の受け取り、相手方からの入金、公共料金や携帯電話代、クレジットカードなどの口座が同一の場合、全ての取引ができなくなります。三井住友銀行カードローン用の口座と、その他の口座と分けてあれば問題ありませんが、同じ口座の場合は手続き前にチェックしておきましょう。

任意整理や債務整理をするときは、三井住友銀行カードローンの返済に使用している銀行口座以外の口座に変更しておくと、生活への影響が少なくなります。口座凍結の期間は三井住友銀行や他行の基準になるため、はっきりとした基準は分かっていません。口座凍結期間は支店によっても差があります。

しかし、口座凍結の対象になるのは債務整理をした銀行のみなので、他行の口座は関係ありません。債務整理したあとに新規で口座開設も可能です。三井住友銀行カードローンで使っている銀行口座に預金が入っている場合は、手続きの前に出来るだけ残高を減らしておきましょう。